• ホーム
  • 勃起不全と食生活の関係と影響

勃起不全と食生活の関係と影響

2019年09月12日
落ち込んでいる男性

医療機関で勃起不全の検査を受けると、食生活の乱れを指摘されることが多いです。
食生活で大切なのは、色々な食品をバランスよく摂ることなのです。
身体によいという理由で、特定の食品ばかり摂る人がいますが、これは栄養バランスを崩すだけです。
野菜ばかり食べているとタンパク質が不足しますし、肉類がメインだと動物性脂肪の摂りすぎとなります。
動物性脂肪は血液をドロドロにするので、当然下半身の血流も悪くするのです。
ペニスの元気を決めるのは血流なのです。
血流がよければ硬く大きくなりますが、悪ければ硬さは不十分で大きくなりません。
生活習慣病の多くは、食生活の乱れが原因なのです。
がん、心臓病、脳卒中などの死に関わる病気も、肥満や動脈硬化、脂質異常症、糖尿病などの症状が引き金となっているケースは多いのです。
勃起不全も生活習慣病に属するものであり、特に食生活が乱れていると発症率が高まり、進行スピードも顕著となります。
ファーストフード、スナック菓子をよく食べる方は、勃起不全のリスクが高くなります。
食品の栄養価と価格はほぼ比例関係にあるものです。
安い食品がすべてダメではありませんが、高い食品と比べると栄養価は劣ってしまうものです。
油の品質にも差が出るため、健康への影響度も変わってきます。
勃起不全を解消するための食生活は、適正体重を維持することを意識して組み立てましょう。
すでに肥満体の方は、非常にEDを促進させやすい状態にあります。
肥満の方は体内に沢山の脂肪を蓄えているため、血中脂質も多いのが一般的です。
血液をキレイにするためには、標準体重を維持する必要があるのです。
肥満でも血液サラサラならさほど問題はありませんが、運動が大変になるデメリットは回避できません。
肥満予防・解消によい食事は、勃起不全を防止するためにもよいのです。

関連記事
彼の勃起不全の悩みを薬で解消

勃起不全を患っている彼本人はもちろん、その彼女となる女性もまた性行為で満足することが出来ません。勃起不全は非常にデリケートな問題で、男性のプライドを傷つけずに治療していくことは大変です。若い人は特に、男としてのプライドが医療機関の受診を阻みます。年配の方は比較的手慣れたものですが、若いうちはどうして

2019年09月17日
勃起不全には正規品の薬と精力料理

勃起不全を解決させるためには、治療薬を使うと有効です。薬を使う場合、正規品であるかどうかは非常に重要なポイントです。ネットで海外から薬が簡単に買えるようになりましたが、出回っている商品の7割が偽物だと言われています。ネット通販では販売者の顔が見えないだけに、悪徳業者がやりたい放題になってしまうことが

2019年11月03日
勃起不全に効果の高い食べ物

勃起不全の改善に効果的な食べ物は、まず牡蠣です。牡蠣には亜鉛が多く含まれています。亜鉛は生体機能に深く関わっており、精子を作るなどの生殖機能やホルモンの合成に欠かせません。亜鉛が不足すると、性欲減退や勃起不全、うつなどになりやすいです。お酒を飲み過ぎると亜鉛は体外に排出されるので注意します。次にゴマ

2019年08月23日